12月31日(23W3d)
02時37分 次女 558g 誕生
02時57分 長男 542g 誕生


5時過ぎ、病室に戻る。

小児科の先生から説明があるということで
実両親がそのまま病室に居てくれた。

どうやら、小児科の先生は、本当は当直一人だったらしい。
でも他の患者さんのことで呼び出されてて
二人いてくれたおかげで、双子が別々に処置してもらえた様子。
とても、タイミングがよかった。

少しウトウトする。
相方さんは、実家から始発の新幹線に乗るので、
11時くらいに来れると言っていた。


6時過ぎ、抗生剤の点滴が入る。
7時半過ぎ、トイレに行く。
3週間ぶりの自力歩行。
ちょっとくらっとしたけど、なんとかなりそう?


小児科の先生に呼ばれて、NICUに向かう。
ファミリールームで説明を受けた。
 ・主治医の紹介
 ・未熟児ゆえの問題点
 ・これからの治療方針
 ・とりあえずの状況


お母さんがものっそい眠そうだった。
(後から聞いたら、眠剤飲んだ後で呼び出されたんだって。そら眠いわ/苦笑)
面会は一日一回、1時間ということだったので、
私は相方さんと行こうと思って、面会は両親だけで行って貰った。



病室に戻って、朝ごはんを食べる。
10時半過ぎに、相方さんが来た。
一度家に戻って、荷物を取ってきてくれることに。

ウトウトしたり、ボーっとしたり、
トイレに行ったりしながら待つ。
トイレは、尿を出すとお腹がキューってなる。
これまた3週間ぶりの自力だもんで、違和感ありまくり。


お昼過ぎ、病室が変わった。
自力で歩けたら点滴を外してくれるというので、
センターから病室まで、頑張って歩いてみた。
筋力が衰えているのを感じた。

14時過ぎ、相方さんと一緒に面会に行った。
小さい小さい、我が子が保育器に入っていた。
申し訳ないのと、不甲斐なさと、
でも生きていてくれたその姿を見て、色んな気持ちが湧き上がってきた。


先生の説明を受ける。
 ・動脈管が閉じてない
 ・黄疸の治療をするのでライト当てます
 ・しばらくはおへそに管入れて、血圧等測ります
 ・人工呼吸器入れてます
 ・暴れるので、薬使って寝かせてます
 ・小さいので、何があるかわかりません


お姉ちゃんより、やっぱり弟くんのほうが小さくて
色が白くて、とても心配になる。

2008.12.31 Wed l 未熟児観察記録 l コメント (0) トラックバック (0) l top

お昼過ぎに、出血。
当直の先生に膣洗浄と内診をしてもらう。

結構雑?な先生で、終わったあとから膣が痛い・・・。


夕方、不定期ながらも張りが強まる。
ベッドの柵につかまって、力が入る感じ。
まだお尻に違和感はなし。
薬の量が徐々に上がる。

夕飯後、定期的な張りがくる。
薬の量を上げてもらって、モニターもつけた。
張りの合間にウトウトするも、看護師さんが来て
モニターをいじると張りが来て目が覚める。
痛みを逃せず、力が入る。

21時過ぎ、お尻のほうに違和感を感じる張りになる。
一応、分娩台に移動して、
何もなかったら帰ってこようということになる。
ベッドごと移動。

分娩台に移動して、機材を色々セットされる。
先生が来て内診。
膣内に胎胞が完全に出てきているし、
お印も出ているから、お産にしましょうといわれる。



少し、ホッとしたのも事実。
でも、悔しかった。
まだ生みたくない。あと一週間は持たせたかった。



バタバタと準備が始まる。
先生たちが続々と集まってくる。
5人くらい居た?
帝王切開に備えて、オペ室に移動する。

お腹にモニター、エコー。
両腕に点滴、左腕は更に血圧計。

出てくる子供にストレスを与えないようにと
極力いきまないで!と言われ、
助産師さんの指示に従って、深呼吸を繰り返す。
徐々に降りてきたらしい子供。

主治医が到着して、一気にお産が進む。
痛みがきたらいきんで!といわれ、長くいきむ。

6回くらいいきんだところで、一人目が出てきた。
ずるっという感覚。
破水した感じはなかったので、もしかすると袋ごと出てきたのかも。
見せてもらえなかったけど。

その後、陣痛促進剤を点滴に追加してもらって痛みを待つ。
その間に、一人目が保育器に入って傍まで来た。
小さい。
本当に小さかった。

しばらくして、一人目ほどではなかったけど、
ちょっと痛いかな?でいきんで出した。
20分遅れ。
出た瞬間に、色んなものが一気に出た気がした。
後で聞いたら、出た瞬間に破水したらしい。
大量の羊水が出たらしく、助産師さんが掃除してた。

後処理をしている間に、二人目が保育器に入ってきた。
こっちのほうは更に小さい。
袋みたいの当てられて、呼吸を助けてもらってた。


会陰切開を思いっきりやった(ストレスをかけないために)ので
後で縫うときが痛かった(涙)
あと、胎盤出した後に子宮内をいじられたのが痛かった。
生むより痛かったんじゃなかろうか・・・。
主治医は、にこやかな顔して意外と容赦ない・・・。

2008.12.30 Tue l 未熟児観察記録 l コメント (0) トラックバック (0) l top

便秘4日目の朝です。

こないだの陣痛から、排泄が怖くて

力いれたら出ちゃいそうでできません(涙)

でも下剤は飲んでるので、出そうな感じもするし。



あーもーッ!



なんだって人間の体はこんなふうにできてるのさ!

全然違う場所にあれば、気にしなくていいのにっ!



と、夜中からなかなか寝れなくて怒ってます(笑)



こらー!

ドコドコ膀胱付近で暴れるんじゃな~い!!

2008.12.30 Tue l 未熟児観察記録 l コメント (0) トラックバック (0) l top

23W0d


今朝の検温で、心音確認してくれた看護師さんは
夜中に先生と一緒に診察してくれた人なんだけど、
今朝もなかなか居場所が掴めない下(右)の子の心音を捕まえたとき、
いつもより上の方だったので
「逆子になったかな?」って言ったら

「かもね~でもよかったよ~昨日はもう出て来るんじゃないかと思ったもん!
 髪の色とか見えてたし!先生も心配してたんだよー!」

だって。



いやー!
こわい!
持ち直してくれてよかった~!

2008.12.28 Sun l 未熟児観察記録 l コメント (0) トラックバック (0) l top

昨日の夜、なんだかお腹が痛くて看護師さんを呼ぶ。

出血。

先生がきてくれて、内診してもらう。

下にいる子が、頭を骨盤にはめようとしている…というか、
動いてるときに頭がそこに行くので
陣痛みたいなのが起きてるらしい。
突っ突くと逃げて行くので、すぐにどうこうはないけど…
とのこと。


その日の当直を紹介され、小児科にも話してあるからと言われました。


幸い、不定期な張りがあるものの、
薬の量を増やしたら落ち着いたので無事に朝を迎えられました。

 

頼む!
年明けまで大人しくてて!
頑張って!

2008.12.27 Sat l 未熟児観察記録 l コメント (0) トラックバック (0) l top

昨日、内科の先生が往診にきてくれたのですが、
どうやら蛋白がでていたらしく
おやつ禁止令が出ました。
血圧は安定しているので、減塩食までにはいかないみたいだけど。

寝たきりで点滴受けてると腎臓に負担くるみたいだけど
私にもきたかー!

右のコがだいぶ下に回り込んでるし
ますます破水に注意です。


でも今日、看護師さんから
「患者さんらしくない」と言われました(笑)
他の患者さんがどんなだか知らないからなんとも言えないけど
明る過ぎるみたいです(笑)
まぁ性格だからしゃーないね(笑)


今年最後に、なるかもしれないエコー。

お子たちは510くらい。

性別は保留(笑)


先生の口から、初めて具体的な数字がでました。
いわく、「700は欲しいね」だそうで。

年末年始は先生も休みがあるので
年明けにまた話しましょうとのこと。


終わってからナプキン交換したら、
オリモノに血が混じってた…なんでだー?

取り敢えず、お腹の張りはないので様子見です。

年明けまで頑張って~!
まだ出ちゃダメだよー!

2008.12.26 Fri l 未熟児観察記録 l コメント (0) トラックバック (0) l top

なんだか薬が増えたなぁ(笑)

・張り止めでウテメリン点滴
・抗生剤点滴
・ウテメリンの副作用で手足が痒いから、痒み止めの軟膏
・カンジダ用の軟膏
・下剤2種類


これに追加で、赤ん坊の肺機能成熟を助けるための薬を
筋肉注射で昨日今日と打ちました。

2008.12.23 Tue l 未熟児観察記録 l コメント (0) トラックバック (0) l top